ヒアルロン酸と関節の関係

年齢による体の不調は、色々とあるが、関節の痛みは意外と、多くの方が感じているものではないだろうか?

関節が痛い・・・といっても、風邪ではない。

風邪のような痛みとは、違う、慢性的で、色々と行動を起こす前に、不安を抱かせる痛み。

こういった関節痛を解消するために、注目されているものがある。

それが、ヒアルロン酸。

関節にヒアルロン酸が効く、または、いいときいたことのある方は多いであろうし、実際、すでに、ヒアルロン酸配合サプリメントを普段の生活に取り入れているという方も多いのではないだろうか?

でも・・・ヒアルロン酸が、どうして関節にいいのか?

それをハッキリとご存知の方は、少ないはず。

まず、ヒアルロン酸の性質であるが、ヒアルロン酸はムコ多糖類という糖の一種であり、1gで6リットルもの水分を吸収する力を持っている。

ヒアルロン酸は人体の関節の軟骨に多く含まれている。

関節痛は軟骨はすり減ってしまう事によって、不調や痛みとなって現れてくるのだ。

ここで、ヒアルロン酸の出番である。

ヒアルロン酸はこの弱ってきた軟骨に潤いを与え、本来の機能を取り戻す為の潤滑油になる。

ヒアルロン酸、素晴らしい・・・なんて思ってしまうが、このヒアルロン酸もスーパーマンではないため、コラーゲンやグルコサミン酸の助けを借りなくては正常に働くことはできない。

もし、今、ヒアルロン酸配合のサプリメントを関節痛対策のために取り入れている、または、購入を検討している・・・そういう方は、よりよい効果をあげるためにも、コラーゲンやグルコサミン酸も一緒に配合あれているか確認してみていただきたい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: