プラセンタサプリメントの選び方

健康や美容に非常に高い効果をもたらすプラセンタですが、スキンケア化粧品ではなく、口からプラセンタを摂取したい場合は、プラセンタ配合のサプリメントがオススメです。大抵の健康成分や美容成分は、食品によって毎日の食事から摂取することが好ましいのですが、プラセンタの場合は、食品で摂取することが難しいため、毎日、確実にプラセンタを体内へ取りこむためには、サプリメントやドリンク剤などを利用することが最も効果的なんですね。とはいえ、プラセンタ配合のサプリメントは、各メーカーから様々な特徴の商品が販売されていますので、どのサプリメントを選べば良いのか判らず悩んでしまう方が多いと思います。

プラセンタを摂取する目的は人によって違いますが、それでも、プラセンタサプリメントを選ぶ基準として、原材料・産地が信頼できるところかどうか・能力は残っているかどうか・原材料が薄められていないかどうか…などを確認する必要があります。

原材料というのは、主原料となっているプラセンタが、植物プラセンタなのか動物プラセンタなのか。もし動物プラセンタの場合は、豚プラセンタなのか馬プラセンタなのか…ということですよね。植物プラセンタと動物プラセンタを比較すると、先程も挙げましたが、植物プラセンタにはグロースファクタが含まれていないため、アンチエイジングや疲労回復などの効果を得たい方には向いていません。もし、アンチエイジング効果や疲労回復を目的として摂取したいのであれば、動物プラセンタを選んで下さい。また、豚プラセンタと馬プラセンタとでは、含まれているアミノ酸の量が馬プラセンタの方が格段に多いため、馬プラセンタの方が高い効果を期待できます。能力も高く、また安全性も高いですしね。ただし、馬プラセンタは価格が高いため、その点は注意して下さい。

産地が信頼できるところかどうかは、口から体内へ取り入れるものですから、十分に調べる必要があります。現在、国内で販売されている商品に使用している馬プラセンタは、ほとんどが海外産となっています。馬プラセンタを摂取したい場合は、できるだけ国産の馬プラセンタを使用しているものを選んで下さい。そしてなかでも、馬の血統管理がしっかり行われているサラブレッドのプラセンタが良いのですが、当然、価格も高くなりますので、とりあえず、国産の馬プラセンタを主原料としているメーカーを選ぶと良いかと思いますよ。もちろん、海外産の馬プラセンタを使用している場合でも、安全性の高いものは多く存在するんですけどね。

能力は残っているかどうか…というのは、つまり、分析値が低いプラセンタは避けるということです。プラセンタサプリメントの成分分析値によって、プラセンタの能力を推し量ることができるのですが、インターネットでプラセンタサプリメントを調べる場合、その分析値を公開していないメーカーも存在します。プラセンタの効果を得ることができるサプリメントとして販売しているわけですから、その成分分析値を公開するのは当然のことですし、寧ろ、公開しない理由がわかりませんよね。各メーカーの公式サイトにて、その成分分析値が公開されていないものは、購入しないことをオススメします。残念なことに、公開していないメーカーというのも非常に多いのですが、やはり誠実さ(といっても、メーカーとして当たり前のことではあるのですが)を感じることができないメーカーでの購入はやめておいた方が賢明だと思いますよ。

そして、原材料が薄められていないかどうかというのは、プラセンタサプリメントに、原材料を薄めることを目的として、グリシンとデキストリンという物質を混ぜてあることがあるためです。原材料を薄める=原価を下げるということを目的に行っているメーカーが多いのですが、それ以外にも、純プラセンタを抽出する技術にも問題がある可能性があります。いずれにしても、プラセンタ本来の効果は期待できないということですから、原材料のパッケージに、このグリシンとデキストリンが表示されているものがあれば、やはり避けて下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

関連記事

プラセンタの効果・効能

プラセンタには、先ほどから挙げているとおり、細胞分裂を促す成長因子成分であるグロースファクタの他、タンパク質・糖質・脂質・各種ビタミンやミネラル…の五大栄養素など、多くの栄養成分が含まれているため、プラセンタが配合されているサプリメントやドリンクなどの健康補助食品や、スキンケア化粧品を使用することで、多くの効果を得ることができます。

美容効果を目的にプラセンタを使いたいけれど、しかし健康にも気遣いたい…と、美容と健康の両方を求める方には、このプラセンタは最適ですよ。商品によっては少々高い価格で販売されているものもありますが、得られる効果を考えると、それに相応しい価格…または、安く感じるかもしれませんね。

一般的に、プラセンタによって得られる効果・効能として、アンチエイジング効果・ホルモンバランス調整・強肝作用・基礎代謝アップ・免疫賦活作用・抗炎症作用・血行促進作用・自律神経作用・ダイエット効果…などが挙げられます。

続きはこちら

プラセンタの種類

プラセンタとひとくちに言っても、幾つかの種類が存在します。植物性プラセンタ・動物性プラセンタ・ヒトプラセンタ…の3種類が、主なプラセンタの種類でしょうか。

植物性プラセンタは、植物という言葉を見て「胎盤なのに?」と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、植物というのは、人間を始めとする哺乳類のような胎盤は持っていません。しかし、哺乳類でいう胎児にあたる存在として、種子が存在します。

この種子が、哺乳類の胎盤と同じような働きをすると言われており、動物性プラセンタやヒトプラセンタと同様、種子…植物性プラセンタにも、アミノ酸を始めとする様々な栄養分が含まれているのです。

続きはこちら